2013年10月3日木曜日

推奨の心構え

人に何かを推奨するときは、「知らないと損するよ」ではなく、「知ると得するよ」と言いたい。無知は罪ではない。知らないことは知ればいいだけだ。みんなそうしてきた。
人に古くて汚いものを捨てさせたいときは、「こんなもん使うな」ではなく、より良いものを提示して推奨したい。使っていることを恥じさせるのはよくない。

人はなぜネガティブな方に走りたがるのか。いろいろ言説はあって、たとえば英語でも日本語でも、ポジティブな感情を表現する単語よりも、ネガティブな感情を表現する単語の方が圧倒的に多く、まるで人類の歴史が罵倒とともに成長してきたかのような辞書ができてしまっている、というのもある。
どちらにしても、ネガティブな性格というのは、先天的な人間の性質ではなく、後天的に変えていけるものだ。気づいたら教えてあげればいいし、私がそうなっていたら教えてほしい。無自覚にそうしている場合もきっとあるから。