2012年5月7日月曜日

Japanese for Programmers

Japanese for Programmers

「プログラマのための日本語」という記事。英語圏プログラマに日本語を知ってもらうことを目的に書かれた記事です。冒頭の文章を引用し、訳します。


「プログラミングとソフトウェア開発は、非日本人が日本で大きな仕事を見つけることのできる、数少ない領域のひとつです。しかし、日本で働くためには、日本語を学習する必要があります。とくに、働く分野で使用される専門用語を知っていなければなりません(つまりソフトウェア用語!)。

この目的のために私は、実際のビジネスや技術的な会話、電子メール、無数のソフトウェア仕様書などから、日本のモバイルソフトウェア産業で働くことで、4年間ノートを集めました。この記事の全ての資料は、日本人のネイティブスピーカーによる、現実世界の使用法からきています。もちろん私は、このことを企業秘密にならないように編集しました。」


この記事には、多くの方からの好意的なコメントが寄せられています。
私たち日本人は、英語圏から情報を得て日本語圏にフィードバックし、英語圏では英語でコミュニケーションを行いますが、日本語の技術ブログでも英語圏の方が英語でコメントしてくることがあります(日本語ではない!)。こういった記事を参考にしてお互いが歩み寄っていけたら、きっと世界が少しより良くなるんじゃないかという期待がもてます。